豊平神社 の詳細

紹介文・PR

豊平神社は札幌市豊平に鎮座する、130年以上の歴史を持つ由緒ある神社です

開拓の神・山林の神・衣食住の神がそれぞれ奉られており、商売繁盛や五穀豊穣、武運長久などにご利益があるとされています。


(由緒)

当神社は上毛野田道命・大山衹命・倉稲魂命の三柱を奉斎する。

主祭神上毛野田道命は、崇神天皇の皇子豊城入彦命より五代目の子孫にして東北地方の守護神として厚く崇敬せられ、特に延歴年間征夷大将軍坂上田村麻呂が奥羽地方平定に向かわれた時、田道命の神霊の御加護によりこれを平定することができ、後に今の青森県南津軽郡猿賀山に神霊を観請して社殿を建立したもので、猿賀神社は当神社の本社に当たる。

古典(日本書紀)によれば田道命は「仁徳天皇五十五年(西暦三六七年)勅命を受けて北夷の反乱平定のため東北地方に兵を進めたが、戦利あらず、伊寺の水門で戦死なさる。後に大蛇の姿となって平定した」とある。又社伝によれば「五十六年蝦夷の毒手に敗死なされ、従者その屍を仮葬し、賊を捨て帰京す。蝦夷その墳墓をあばくに、たちまち遺体大蛇と化 して毒気を吐発す。土人大いにおそれて鹿角郡猿賀野に祀って産土神となす。その後、二百年の星霜を経て、欽明天皇二十八年(五六七年)に大洪水あり。この時、田道命の神霊、白馬にまたがり漂木を舟として流れにしたがい、当地に移遷し給う、当地住民神霊を迎え奉て古木(鍋木)の洞穴に祀る」と、云われている。

当地域は東北地方移住者多く、それゆえに故郷の氏神様をお祀りしたものである。

さらに当豊平地区は開墾の途上で森林遠く連なり、これが伐採に大山衹命を祀り、開墾進み沃野美田の広がりに行くにつれて倉稲魂命(稲荷大神)を合祀して豊平地区の氏神様して奉斎され現在に至る。

豊平神社
店名
豊平神社
業種

住所
札幌市豊平区豊平4条13丁目1-18
電話番号
011-811-1049
営業時間

定休日

平均利用金額

アクセス
アクセスはHP参照。国道36号線沿い。
駐車場
あり
URL
https://toyohirajinja.or.jp/
関連ワード

周辺地図

店名
豊平神社
住所
札幌市豊平区豊平4条13丁目1-18
アクセス
アクセスはHP参照。国道36号線沿い。
駐車場
あり

[免責事項]本サイトでは、正確な情報を利用者に提供出来る様に努めておりますが、掲載内容等に関しては運営者が保証をするものではありません。

当サイトで使用しているコンテンツ、画像、動画、リンク先などの「情報」の無断コピーおよび第3者の使用は禁止しております。
著作権は、「ビルドフェイス 有限会社」が有しています。

当サイトで提供している情報は電子的または機械的な方法をを問わず、いかなる目的であれ無断で複製または転送等を行うことを固く禁じます。

Copyright© 2011-2021 北海道ナビ<ビルドフェイス・北海道プラスビ> 北海道の企業・店舗情報/北海道ナビ All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc